免震住宅の家

地震に安全な住まい

免震とは

免震とは、建物の足元を地面から切り離し、その間に免震装置を組み込んで、地震の激しい揺れが建物に伝わらないようにする構造です。建物が受ける地震力は従来の耐震構造に比べて大幅に低減され、建物の安全性の向上に加え、建物内の人々や家具、設備機能も安全に保つことができます。

揺れの比較

IAU型免震の特長

~高い免震性能と風で揺れないことの両立~
IAU型免震装置は、これまで困難とされていた高い免震性能と風で揺れないことの両立を実現させました。それに加え、地震時の共振と捩れ、地震時・風時の引抜きの防止のための機能も備えています。

●免震性能が高い
IAU型免震システムの一番の特長は、その高い免震性能にあります。ボールを用いた転がり免震支承を採用しているため、小さい地震から免震し、大きな地震にも非常に高い免震性能を発揮します。耐震構造では揺れが1.5~2倍近く増幅されますが、免震構造では最大加速度値で1/10程度になります。

●風で揺れない
戸建住宅のような軽量の建物では「免震性能がいい=風で揺れやすい」ということでもあります。しかし、IAU型免震システムでは、平常時は建物と基礎とを固定し、地震時に地震の揺れを感知して固定を解除する風揺れ固定装置を併用することで、この問題を完全に解決しています。

●共振しない、捩れ・引抜き防止

IAU型免震装置作動のしくみ


[1]平常時
(風揺れ固定装置により基礎と固定状態)

 ↓

[2]地震時
(風揺れ固定装置の解除で免震状態へ)

 ↓

[3]地震時
(免震状態)

 ↓

[4]地震後⇒[1]
(風揺れ固定装置の復帰で固定状態へ)

経済性と維持管理

●従来の免震装置のような大型家具移動による免震装置の調整を必要としません
●高性能でありながらシンプル。そのため、格段に低価格!
●電源等が全く不要で、全自動

注)この装置は多くの住宅メーカー等で採用されていますが、この大臣認定をとった装置でも、取材によると、宮城県のある工務店の物件では、3.11の東北の地震の震度6強と、度重なる余震により、基礎コンクリートとこの装置自体が破壊され、建物は全壊扱いとなったそうです。ですから、
この装置を取り入れたから、「絶対安心」では無いということをご了承ください。